足関節捻挫


足関節捻挫は、大きく2種類に分かれます。内反捻挫と外反捻挫の2つです。

おおよその捻挫が内反捻挫で、足関節の外側を痛めます。

外反捻挫は、足関節の内側を痛める事が多く、重症化しやすい捻挫になります。

 

【内反捻挫】

内反捻挫で痛めやすいのは、前距腓靭帯と踵腓靭帯と後距腓骨靭帯です。

他にも、前脛腓靭帯や二分靭帯を痛めることもしばしば…。

また、一緒に腓骨筋や前脛骨筋を痛めることもあり、靭帯以外の確認も行う必要があります。

 

【外反捻挫】

外反捻挫を起こすと、足関節の内側にある三角靭帯を痛めるのですが、この靭帯が強靭なため靭帯損傷よりも、内踝の骨膜損傷や裂離骨折になることもあります。

外反捻挫をした場合は、しっかりと骨の状態の確認を行います。

 

【成長期の捻挫】

成長期の捻挫で怖いのが、骨端線損傷です。

骨端線とは、成長軟骨の部分を言います。ある程度の年齢になると、この部分は完全に骨になるのですが、成長軟骨のうちは周りの骨に比べて軟らかいため、捻挫の際に損傷することも少なくありません。

一般的に靭帯の修復期間はおおよそ2週間とされていますが、骨端線の場合は3週間厚紙副子で固定してからの+2週間は包帯固定なので、通常の倍近くは治すのに時間がかかってしまいます。

また、正常な位置よりも逸脱してしまった場合は、整復を必要とします。

 


【 当院での治療 】

 

当院ではケガの程度を確認してから、固定方法を決定します。

包帯や厚紙副子、時にはインソールを入れることもあります。

 

痛みが強い場合は、靭帯に対して良くないテンションがかかっている場合があるので、筋肉の緊張を取り、骨の向きが傾いていたら位置を戻して、ある程度の痛みを取り除きます。

電気療法は、受傷後の経過を見ながら『微弱電流』『超音波治療器』『干渉波』『低周波』を使い分けていきます。

固定除去後は、再発予防の為のリハビリを行い、競技に復帰までサポートしていきます。

 

 



台東すこやか整骨院

〒110-0003 東京都台東区根岸2-11-6 石巻ビル2階

☎ 03-5879-7322