下駄骨折


下駄骨折の名前の由来は、昔は、下駄を履いて鼻緒の部分が支点となり、足を捻ると同じ部分が折れることが多かった為とされています。

足関節を捻った際に、ふくらはぎの横を走行する”短腓骨筋”が伸長され、停止部の第5中足骨基部裂離骨折を起こします。

足関節を捻った=捻挫ではなく、こういった骨折が無いかを確認することも大切になってきます。

筋肉の張力もあるので、骨融合期間は6週程度になりますが、保存療法でも治せるケガです。

 

 


【 当院での治療 】

 

下駄骨折の場合、厚紙副子やテーピングを使用して固定を行います。

骨折端同士が離れないように細心の注意を払います。

また物理療法を用いて骨癒合を図ります。

 



台東すこやか整骨院

〒110-0003 東京都台東区根岸2-11-6 石巻ビル2階

☎ 03-5879-7322