アキレス腱断裂


アキレス腱は下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)の停止腱で、断裂した時にはバットで叩かれたような感覚を訴えることが多いです。

主に、ジャンプ時やダッシュ時に起こり、痛みは軽いことも多いが、歩くことはできなくなります。

 

治療は、手術による観血療法、もしくは固定での保存療法になります。

保存療法の場合は、6週間程は再断裂に注意する必要があるので、腱の癒合状況をしっかりと観察することが大切になってきます。

競技復帰まではおおよそ10か月を要します。

観血療法も保存療法も再発率はそんなに変わらないとされています。

 

 


【 当院での治療 】

 

アキレス腱断裂をした場合は、通って頂きながら包帯交換を行っていきます。

綿花と厚紙副子で、ふくらはぎまでを包帯で覆っていき、両松葉杖で非荷重にしてアキレス腱の修復をしていきます。

包帯交換の際に電気療法を行い、腱の整復を行います。

腱の回復を見ていきながら、荷重を行っていき日常生活動作から、競技復帰につなげていきます。

 



台東すこやか整骨院

〒110-0003 東京都台東区根岸2-11-6 石巻ビル2階

☎ 03-5879-7322