鎖骨骨折

鎖骨骨折は、肩を側方から強打した際に起こる骨折で、中外1/3境界部が折れやすいとされています。

また、固定が難しくバンドで固定していても、ズレてしまうこともあり偽関節になりやすいと言われています。

固定期間はおおよそ5週間ですが、偽関節や骨折端同士が離れてしまっていた場合は、更に期間を要することもあります。

固定期間中は鎖骨が安定するように、姿勢を正しておくことが大切です。

当院での治し方

鎖骨骨折は骨折端がズレないようにしなくてはいけません。その為、通えない場合や固定を自分で行えない人は、整形外科に送ってしまう場合があります。

当院では、固定を行いながら超音波や微弱電流、炎症が引いてきたら低周波を用いて骨癒合を促進します。骨折端が合っている状態での電気療法は、骨癒合のスピードが120%上がるとされています。

スポーツのケガ専門

台東すこやか整骨院

〒110−0003

東京都台東区根岸2−11−6石巻ビル2F

03-5879−7322

JR山手線”鶯谷駅”から徒歩5分