足底腱膜炎

ジャンプやランニングなどで、足の裏に外力が繰り返し加わることで、足底腱膜に痛みが出ることがあります。

主に内側縦アーチの部分に疼痛や圧痛が出ます。また、扁平足やハイアーチといった、足部のアライメント不良の方がなりやすいです。

一般的にオーバーユースを言われていますが、足関節の硬さや股関節の硬さ、下腿三頭筋の柔軟性低下、足趾の関節の硬さからくることが多く、セルフケアを行えば寛解することが多いです。急激にトレーニングの負荷が上がった時などは、いつも以上にセルフケアを行うことが大切です。痛みを放っておくと、踵骨棘が出現してしまうので早めの対応が必要になってきます。

当院での治し方

炎症が強い場合は、簡易的なインソールを作ったりして炎症を抑えるようにしていきます。

足底腱膜炎は院での治療も大事なのですが、もっと大事なのがセルフケアになります。足趾の関節の硬さを改善したり、ストレッチを習慣化することが大事です。なので、セルフケアを徹底的に促していきます。

スポーツのケガ専門

台東すこやか整骨院

〒110−0003

東京都台東区根岸2−11−6石巻ビル2F

03-5879−7322

JR山手線”鶯谷駅”から徒歩5分