肩板損傷(インピンジメント症候群)

野球選手や、水泳選手、バレーのアタッカーなどに多いのが健板損傷です。

肩を側方から強打した際に痛めることもありますし、アライメント不良での繰り返しの動作によって、腱が損傷したりと負傷原因が様々です。また、インピンジメント症候群と言って、棘上筋が肩峰下で挟まって痛みが出るものもあります。

肩のインナーマッスルは、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋があり、どの筋肉を痛めたのかも見なくてはいけませんので、注意が必要です。

腱板損傷の方の多くが、猫背で会ったり肩甲骨の動きが悪かったりと姿勢からくるものもあるので、そう言った面から治療していく必要もありますね。姿勢不良は肩板損傷の他にも上腕二頭筋長頭炎や腰痛にも繋がることもあるので、姿勢はただした方が良いですね。

当院での治し方

筋挫傷があった場合は、炎症を抑える為に電気療法を用い、必要があれば包帯での固定や圧迫を行います。インピンジメントの場合は、肩甲骨の動きや位置を正していくことが大切になっていくので、運動療法を行います。

スポーツのケガ専門

台東すこやか整骨院

〒110−0003

東京都台東区根岸2−11−6石巻ビル2F

03-5879−7322

JR山手線”鶯谷駅”から徒歩5分