肉離れ

肉離れの起こりやすい筋肉は、太ももの前側の筋肉”大腿直筋”と、太ももの後ろ側の筋肉”ハムストリングス”と、ふくらはぎの”腓腹筋”です。

上記の筋肉以外にも、肉離れは起こりますので場所が違うから「肉離れじゃないだろう。」と、思わずに医療機関にかかって下さい。

肉離れは軽視されがちですか、放っておくと違和感や痛みが取れにくいケガの1つです。

肉離れは軽度のものであれば1〜2週間で競技復帰できますが、完全断裂などの酷い場合はさらに固定期間が延びてしまいます。

また、筋肉が切れた箇所に血液が溜まり、瘢痕組織と言って筋肉ではない組織に置き換わった部分は再受傷しやすい部分なので、出血をおさえたり筋肉が切れた部分の距離を離さないように圧迫固定しておくことも再受傷のリスクを抑える事に対しては重要になってきます。 

当院での治し方

まずは、肉離れをした部分が広がらないように包帯で圧迫固定することが前提になってきます。手技では、患部外が硬くなって損傷部に影響を及ぼすと判断した場合は、患部が広がらないように周囲を緩めるようにしていきます。重度の場合は厚紙副子を用いることも。

1〜2週間の安静後、リハビリを行い競技復帰となります。

スポーツのケガ専門

台東すこやか整骨院

〒110−0003

東京都台東区根岸2−11−6石巻ビル2F

03-5879−7322

JR山手線”鶯谷駅”から徒歩5分