前十字靭帯損傷/断裂(ACL)

前十字靭帯(以下ACL)とは、膝の靭帯の1つで大腿骨よりも脛骨が前に行かないように、制御してくれている靭帯です。

ACLを損傷するときは、つま先が外側を向いて膝が内側へ向く、Knee-in toe-outの姿勢の時が多く、Knee-in toe-outにならないように日頃から気をつけておくことが大切です。

ACLが損傷した場合、膝の不安定感が著明に出るのですが、痛みで筋肉が硬直してしまった場合、不安定感が出にくく見逃してしまうことがあるので、アイシングをしたりして時間を置いてから徒手検査を行うこともあります。

断裂の場合は手術になることが多く、ACL単独損傷の場合はおおよそ半年ほどで競技復帰になります。が、ACL以外にも内側側副靭帯や内側半月板も一緒に損傷(不幸の三兆)していた場合、半年での競技復帰が難しくなります。

断裂ではなくある程度の損傷の場合は保存療法が可能になります。しかし、リハビリが必須になってくるので、復帰までに3か月以上かかることもあります。

当院での治し方

不安定感が著しい場合は整形外科に行かれる事をお勧めしてしまいますが、不安定感を見てリハビリ次第で回復すると判断した場合は、包帯で圧迫固定をして靭帯部分の炎症をとっていきます。その後、リハビリを根気よく行い競技復帰に繋げていきます。

院で行えることは、炎症を抑える事と硬くなってしまった筋肉を柔らかくして、関節の動きが悪くならないようにする事、リハビリのメニューやそのポイントをお伝えする事です。

 

スポーツのケガ専門

台東すこやか整骨院

〒110−0003

東京都台東区根岸2−11−6石巻ビル2F

03-5879−7322

JR山手線”鶯谷駅”から徒歩5分