アキレス腱炎

ランニング種目やジャンプ種目の競技に多いアキレス腱炎もしくはアキレス腱周囲炎。

過度に下腿三頭筋(ふくらはぎ)の筋肉を使いすぎてしまうと、なりやすくなります。

本来であれば、お尻や太ももの筋肉の大きな筋肉を使って運動が行えれば予防できるのですが、エラー動作により下腿三頭筋を優位に使って運動してしまっている場合に起こりやすい為、カラダの使い方を見直すことも必要です。

また、既にアキレス腱炎を繰り返してしまっている方は、アキレス腱自体が脆くなっていたり、瘢痕形成されていたりする為、アキレス腱断裂のリスクが上がります。早め早めの対応が良いと考えます。

当院での治し方

アキレス腱自体の炎症が強い場合は、テーピングや包帯を用いて固定をし炎症の沈静化を行っていきます。また、足関節の可動域のチェックや、下腿三頭筋の柔軟性をチェックします。

大凡の方が柔軟性が低下しており、アキレス腱自体への張力が強くなってしまっているので、アキレス腱自体に炎症が強い場合でも、下腿三頭筋を緩めていきます。

その後、炎症も落ち着きストレッチをしても痛みがなくなった段階で、運動療法を行い再発予防に努めます。